記憶術ナビ - 試験や社会に役立つ方法とは?TOP > いろいろな種類 > 種類について

種類について

 

あなたは、記憶術にはどれくらいの種類があると思いますか?

 

記憶をする際、記憶術を使う方法がありますよね。

 

しかし、記憶術を取り入れる前に、記憶に関する事を知っておく必要もありますよ。

それには、大きく分けて2種類の記憶があると言われています。

 

それは、「手続き記憶」と「陳述記憶」です。

 

まずは、手続き記憶に関して簡単に言うと、身体で体験して覚えた記憶の事を指します。

 

何かのやり方という事になりますが、例えば運転の仕方やスケートの滑り方といった物ですね。

 

こうした物って、一回覚えてしまうと忘れる事はほとんど無いようで、子供の頃覚えたスケートの滑り方を、大人になって何年かぶりにやっても身体が覚えているから出来るといった感じになりますね。

 

こうして、身体で物事を記憶していく記憶方法という事になります。

 

それに対して陳述記憶は、頭で理論的に覚えていく記憶の事を指します。

 

陳述記憶については更に2つに分けられ、「エピソード記憶」と「意味記憶」とがあります。

 

エピソード記憶は、その名の通りエピソードで覚えていきますが、自分の経験を通して覚えた記憶になります。

 

「あの山はキレイだった」「あの土地は暑かった」というのが、エピソード記憶になりますね。

 

意味記憶に関しては、これが勉強等で使われる記憶になる物で、勉強して得た知識を記憶する種類になります。

 

2つの記憶に関して言えば、一度覚えたら忘れない手続き記憶に対して、陳述記憶の方は記憶が薄れがちで、何度か反復しないと時が経つにつれて徐々に忘れてしまう記憶になります。

 

ですから、試験勉強等はこうした記憶がいつまで続くのか、という維持力が鍵になってきます。

 

いろいろな種類記事一覧

種類について

あなたは、記憶術にはどれくらいの種類があると思いますか?記憶をする際、記憶術を使う方法がありますよね。しかし、記憶術を取り入れる前に、記憶に関する事を知っておく必要...

場所法について

あなたは、記憶術の方法の場所ってどこだと思いますか?ある場所に自分が記憶したい物を関連付ける事によって、記憶させる記憶術がありますが、これは場所法と呼ばれている物で、記憶術...

物語法について

あなたは、物語法という記憶術を知っていますか?ストーリー性に注目をして、記憶術をする物語法があるんですよ。この記憶術の方法は、記憶したい事を順番に並べて覚えていく方...

頭文字法について

あなたは、頭文字法という記憶術の方法をご存知ですか?こちらでは、頭文字法という記憶術の方法についてご紹介していきますね。これは、名前の通り言葉の頭文字を使って覚えて...

映像で覚えるやり方

あなたは、映像で物を覚えるのは得意ですか?写真的、映像的で覚える記憶術もありますよね。頭に覚えたい事を写真または映像として焼きつけておいて、思い出す時にはその映像を...

文字への置き換えとは?

あなたは、記憶術の方法である、文字への置き換えについてどのように感じますか?記憶術の方法の1つに、数字子音置換法という方法があります。これは、覚えたい物を数字や文字...