記憶術ナビ - 試験や社会に役立つ方法とは?TOP > いろいろな種類 > 場所法について

場所法について

 

あなたは、記憶術の方法の場所ってどこだと思いますか?

 

ある場所に自分が記憶したい物を関連付ける事によって、記憶させる記憶術がありますが、これは場所法と呼ばれている物で、記憶術の中では結構知られている方法になります。

 

この記憶術の特徴は、記憶が脳に残りやすいという持続性が挙げられますね。

単純に覚えていくものではなく、場所や物を関連付けさせる事で脳の中に強くイメージが残ります。

 

このとき用いる場所は、実際に知っている場所でも構わないし、架空の場所でも構いません。

 

場所法の中には、片手指法と呼ばれる方法もありますよ。

 

文字通り片手を使って覚える方法ですが、左手の小指を1、順に薬指を2、中指を3、人差し指を4、親指を1という風に番号を振ります。

 

そして、それぞれに記憶したい物を当てはめて覚えていく方法になります。

 

この方法は、5つの事を覚えるのには有効的ですね。

 

それ以上10個まで覚えていく方法の場合には、右手も使った両手指法を使いましょう。

 

左手の覚え方は、片手指法と同様で、それ以降は右手の親指を6、人差し指を7、中指を8、薬指を9、小指を10といった感じで覚えていきます。

 

それ以上の事を覚えたい場合には、時計の文字盤を使う方法もありますね。

 

記憶術には、いろんな方法がありますが、この場所法には長期間記憶をさせる事が出来るメリットがある半面、1つの場所に1つの事しか当てはめてはいけないので、100も200も大量に覚えたいときには向かないというデメリットもあります。

 

なので、少ない事を確実に覚えたい場合にはかなり有効的な方法になりますね。

 

いろいろな種類記事一覧

種類について

あなたは、記憶術にはどれくらいの種類があると思いますか?記憶をする際、記憶術を使う方法がありますよね。しかし、記憶術を取り入れる前に、記憶に関する事を知っておく必要...

場所法について

あなたは、記憶術の方法の場所ってどこだと思いますか?ある場所に自分が記憶したい物を関連付ける事によって、記憶させる記憶術がありますが、これは場所法と呼ばれている物で、記憶術...

物語法について

あなたは、物語法という記憶術を知っていますか?ストーリー性に注目をして、記憶術をする物語法があるんですよ。この記憶術の方法は、記憶したい事を順番に並べて覚えていく方...

頭文字法について

あなたは、頭文字法という記憶術の方法をご存知ですか?こちらでは、頭文字法という記憶術の方法についてご紹介していきますね。これは、名前の通り言葉の頭文字を使って覚えて...

映像で覚えるやり方

あなたは、映像で物を覚えるのは得意ですか?写真的、映像的で覚える記憶術もありますよね。頭に覚えたい事を写真または映像として焼きつけておいて、思い出す時にはその映像を...

文字への置き換えとは?

あなたは、記憶術の方法である、文字への置き換えについてどのように感じますか?記憶術の方法の1つに、数字子音置換法という方法があります。これは、覚えたい物を数字や文字...