10月の第3日曜日が近づくにつて、デパートの売り場などでは、孫の日をアピールしている掲示物が増えますよね。(はいとっても違和感)また、新聞の折込みチラシなどにも、こどもの日が近づいた時の様に、おもちゃ屋のチラシが増えてきます。

「孫の日にプレゼントを!」(笑)孫の日に何か買ってあげる事は、多少、お金はかかります。(汗)孫の日は良いものだと、私は思いますが、あなたはどうですか。また、お年寄りが、孫の日に何を贈るのか、興味がありますね。どんなものを贈っているのでしょう。お年寄りの贈りたいものと孫の欲しいものは、なかなか難しい所ですね。多分、開きがあるのではないかと思います。(汗)ゲーム機もソフトも次から次へと新商品が出てくる時代です。ですから、おじいちゃんにそれを選んでプレゼントする力は、まずないと言っても良いでしょう。(汗)

おじいちゃん、おばあちゃんもその辺は自分で分かっていることでしょう。ですから、「何を贈るか!?」と言う調査結果で一番多かったのは、やはりお金と言うことですね。やはり「孫が喜ぶ物を買ってあげたい!」=「~だけど自分ではわからない!」、そういったお年寄りの気遣いが伺えますよね。ですから、現金も喜ぶのも当然ですよね。そんな人は、孫を誘って一緒に買い物に行ってはどうでしょう!?。

我が家でも、こどもの日は、もうこう言う形にしていますよ。

ですから、たしかに違和感アリアリですけど一緒に選んで買ってあげる事は、孫の日を作った本来の目的、購買意欲とコミュニケーション、両方が達成できると言えます。

関連ページ