ETCカードが盗まれた場合どうすればいいの?

(もしカーオーナーであれば)ETCつきクレカは、現金不要で会計ができるだけでなくそれ以外にも数多くの特典を受けることができます。
アイワイカードなど流通系のものは定期的に系列店での買い物が5%オフになるなどのサービスを開催しています。
JCB、AmericanExpressなどの国際ブランドでは国内の飲食店や宿泊施設の料金面などで優待が受けられます。
会員向けのレクリエーション特典として発行元が運営しているものには国内外の各種ツアーや介護付きツアーを割引料金で利用することがあります。
そのほかにも、ヘルス&ビューティ面での充実を図っているカードもありマッサージやリラクゼーション施設の利用サービスを用意しているものもあります。
通常、ETCカードつきのクレジットカードには不正利用に対する保障制度があり第三者に拾得され悪用された場合に名義人が受ける不利益を発行会社が弁済してくれます。
盗まれたことがわかった場合は、すぐに警察に届け出を提出し発行元にも連絡をして指示に従います。
不正利用があった場合は、最大60日までさかのぼって対応してくれますが地震などの天変地異による盗難などは適応外です。
番号や有効期限、名前を入力すればネット決済は完結し他のセキュリティはありませんから簡単に悪用されてしまいますので注意してください。
パソコンやスマホのネットセキュリティを強化しておき日頃からカードの利用状況をメールで報告してくれるサービスを利用するのも有効です。
接触型や非接触型などヴァリエーションが多い電子マネーですが我々が日常生活で使っている「おサイフケータイ」もそれにあたります。
スマートフォンからチャージできるものもありその範囲内の金額で支払や決済に利用できるサービスです。
レジでお金を数える必要が無いので素早く簡単にお会計が済ませられるため、連れの人を待たせる心配が要りません。
ついつい使いすぎてしまうキャッシュレスなカードとは違ってこのシステムは先に入金を済ませているので安心です。
又、債務不履行になる心配が無いため面倒な審査がありませんから誰でも利用できるのが最大のメリットですね。