レーザー脱毛の仕組みについて

レーザー脱毛は、あざやほくろ治療のためのものから研究が進みました。
レーザーの光を当てることで、毛根に熱が溜まり、その熱が毛を作り出すもとの、皮脂腺開口部や毛球部に損傷をあたえることができるんです。
その毛を作り出すところが機能しなくなるので二度と毛が生えてこなくなるというわけですね。
このレーザー脱毛が開発されたことで、広範囲の施術が短時間で済むようになりました。
それまでにしかなかった針脱毛では考えられないほどの速さです。
レーザー光線は、特定の色にしか反応しない。
その特徴をうまく利用して、脱毛に生かしたのですが、その特徴のために白髪であったり、産毛のようなメラニンがもともと少ない毛だと反応しずらかったり、逆にひげのように密集しているとやけどしやすくなったりする可能性もあります。